FC2ブログ
Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
こんばんは、アシスタントの大川です。
最近疲れていませんか?
じめっとした気候で身体の中まで曇っているようですよね。
今からあなたの中の太陽のありかを見つけてあげましょう。
まず疲労を除去してくれる栄養素を取ることが大切です。
*アミノ酸
肌や筋肉に必要なタンパク質を作り出すにはアミノ酸が必要です。
肉類、魚類、乳製品に多く含まれていて、パンやパスタを食べるより
お米を食べるといいですよ。
*ビタミン
B1→豚肉やとうもろこしに多く含まれていて、欠乏すると関節痛などが目立ちます。
B2→豚肉やチーズや納豆に多く含まれていて、欠乏すると皮膚炎や眼精疲労をおこします。
B12→卵や牛乳に多く含まれていて、欠乏すると疲労が慢性化します。
E→抹茶やたらこなどに多く含まれていて、欠乏すると集中力低下や筋力低下につながります。
*クエン酸
桃や梅干しやレモンに多く含まれています。
肉体的にも精神的にも疲労回復の効果があり、意欲の向上にもつながります。
*亜鉛
レバーや魚介類やステーキに多く含まれています。
欠乏すると肌荒れ、しみが目立ったり、抜け毛が増えるなど
美容にはかかせませんね。
免疫力が低下したり疲れやすくなります。
*タウリン
魚やイカやタコや貝類に多く含まれています。
欠乏すると、痩せにくくなり疲れやすく肌荒れもしやすくなります。
栄養ドリンクなどでも取ることはできますが、他の成分がそもそも有害だったりします。
*アリシン
にんにくに多く含まれています。
アリシンはすごく身体に良く風邪の予防、疲労回復、がん予防、脂肪の燃焼、血栓の予防と分解、殺菌効果、アンチエイジング、ストレス予防など万能な役目をしています。
にんにくの他にも玉ねぎや、にらなどにも含まれています。
ビタミンB1と一緒にとると相乗効果になります。
全部を毎日とることは難しいかもしれません。
ただ、栄養素で疲れがとれることを知っておくこと、摂取したことを認識することだけでも身体の内側から疲労回復ができるのではないでしょうか。
そして絶好調の日よりもさらに絶好調の日があって、その絶好調の日よりもさらに絶好調の日があるんです。
何もしていない人の頂点が何かしている人の底辺かもしれません。

日差しが差し込み始めました。
きっともうすぐ晴れます、、。


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。